2017年 04月 25日

山地徘徊・・・行者ニンニク

先日、KM氏の付き合いで街中の自転車屋にパナソニックの電チャリ ハリヤの引き取りに・・・(^^)/

今年は本気で山地徘徊をする気でいるみたいだ!!
a0245573_12244372.jpg
赤いハリヤ改 タイヤとペダルを変更し荷台を装着 これで林道仕様 境界線の向へ行く

そしてKM氏から今年も何処か良い所へ連れて行けと 媚びを売ってきた!!
a0245573_12322260.jpg
媚びは ↑ メップス / アグリアTW Si 4.5g が10個

そしてオイラは その媚びを買ってしまった (^^♪ まずは山菜 行者ニンニク採りに連れて行けとのリクエスト

ただ今回は電チャリの出番は無く 車止めから徒歩で進入 山は雪は無いけど木々はまだ芽吹いてはいない

そんな中 チョット!気になったのが 植林された松林・・・
a0245573_12424090.jpg
アカマツ(エゾアカマツ?)の林 林内は下草も無く綺麗に整備されてる

そして隣接してゴヨウマツ(キタゴヨウ?、チョウセンゴヨウ?)の林 どの林も綺麗に整備されてる
a0245573_12484392.jpg
ゴヨウマツのマツボックリ ↑ 北海道では余り見掛ける事の少ないゴヨウマツ

鵡川の中流域の左岸に大きな植林地が有った?記憶が・・・天然林は幌満川流域が有名だったかな?

ここの松林、なだらかな南西向き 9月末か10月上旬に もう一度来てみるかな アレを探しに!

今日の主役の行者ニンニクは 約2時間の採取で
a0245573_12570183.jpg
35Lのザックに3/2強の収穫 南斜面は伸び過ぎ!北斜面は あと3,4日でピークになる

もう一度、出撃する事に決定!! (ーー;)
a0245573_13073735.jpg
帰りに本流を覗いてみた GW 明け頃から釣りになるのでは・・・ (^_-)-☆

[PR]

# by koiboku | 2017-04-25 12:25 | 野遊びの話 | Comments(0)
2017年 04月 16日

2017年!行者ニンニク採りへ (^^)/

恒例の春一の山菜採りに! 物は行者ニンニク

約10年 通った山に向かう 運転するY君も 道順を指さなくても迷うことなく林道を進む

去年より1週間遅れの山菜採り 今日から6月のタケノコまでの山遊びの始まり!!
a0245573_20552195.jpg
今、たぶん凄い 山菜採りがブームなのかな?何年か前に書いた山菜採りの記事が閲覧の上位に有る

今日も峠の路肩や引き込みには沢山の車が止まっていた!ご同業の方達だと思う・・・
a0245573_21021205.jpg
行者ニンニク採り・・・毎年おなじ事をやってるので書く事が無い!!(+_+)

ので 今日 初参加の人物の事を! 2年前までは 銀座の 新宿の女で 今は パンプスをゴム長に履き替え

スカートをオーバーパンツに替え OLから山菜〇〇〇〇に変身したk嬢 (^^♪
a0245573_21142269.jpg
ポーズをキメルk嬢・・・首に手拭いを巻いたら完璧だったのに!2年の北海道の生活で変わってしまった。
a0245573_21180073.jpg
良い度胸、根性をしてる! 急斜面の木の根に足を掛けて収穫中! 足を外したら10m以上 落ちる (+_+)

書く事が無いので以上終了です!

今日 行った付近の 行者ニンニクは来週辺りからピークになると思います。 m(__)m

[PR]

# by koiboku | 2017-04-16 19:53 | 野遊びの話 | Comments(2)
2017年 04月 06日

indoor fishing (能書) その3

 雑誌やTVでフライフィッシング 特にドライフライでの釣りの記事を読んだり見たりすると

マッチ・ザ・✕✕✕と出ているが・・・それはシーズン中、一日の中の僅かなシーンを取り上げてると思うだが

読んでる、見てる人の中には それがドライフライ・フィッシングの大きなイメージに見えてしまうのでは?

フライフィッシング=難しい と思われる原因は そこに有るように感じる!
a0245573_12264523.jpg
山岳渓流 魚影が濃く釣人が少ない 魚がスレてなく簡単に釣れるイメージが有る世界

半分正解! 魚影の濃いフィールドで特定の物だけを捕食してる時間、日が有る

予備知識&フライパターンを持っていないと手も足も出ない時、何時間も掛けて来たのにボーズで帰る!

オイラが経験してきた山岳渓流で最も注意すべきパターンは コレ ↓
a0245573_12383338.jpg
羽アリ これを偏食してる時のサカナ達は 他のフライパターンには90%以上 出ない!

波立つ瀬の中なら慌て者が出る事も有るが 大半はフラットな流れの所で捕食してるので

そこに#6のカディスを落とすとフライ直前まできてUターンをする 反応も1,2投だけすると反応すらしなくなる。

パラシュートアントでも反応が一つ鈍く感じる 写真を見ると ↑ アントのサイズは#16~#12で良いのに

パラシュートアントに反応が悪いのは 浮きかた ポストの高さが悪さをしてるのではと・・・

見難いけど ダビング材でコブを二つ作り 凹の部分にハックルを2,3回巻いたパターンが一番良いと思っている!

サイズより浮きかた、見えかた を強く意識したパターンが有効になる。
a0245573_13113692.jpg
 夜中、峠を走行中に強い風が吹いていた・・・明日は早朝からテレストリアル(陸生昆虫)大型のフライが良いだろう!

河畔林の木が風で大きく揺れ 大型の昆虫が川面に落ちてそれを捕食してるだろうと まだ肌寒い時間から

でかいフライを結ぶ! そして釣れてきた良型のニジマスのストマックから出てきたのは
a0245573_13391104.jpg
オトシブミが2匹、蛾3匹、ニンフ等・・・右側に見えるカワゲラは抜け殻が風で飛ばされ

水面に落ちた物を捕食したと思う 小難しい能書きは要らない時 アプローチとフライのプレゼンテーション

フライを流すレーンを間違わなければサカナは何の迷いもなくフライを咥えてくれる
a0245573_13533126.jpg
スパイダーとインチワーム もう飽食の限りをつくしている

そして ストマックポンプで引っ張り出して背筋が寒くなったヤツ ↓
a0245573_13575766.jpg
コレ ↑ 25センチくらいのニジマスの胃から出て来たんだけどヒル・・・キモチ悪かったな (+_+)
a0245573_14044692.jpg
 山岳渓流の釣りで少しだけ 拘ったパターンで釣る事が有る!

それは フタスジモンカゲロウ? 水面にウィングを立てながら流れてくる 瞬間!水飛沫が上がって消える

カゲロウに飛び立たれまいと 勢い良く飛び掛かってる
a0245573_14150710.jpg
#10、#8のパラシュートフライを使う! ← 正直 こんだけ大きなパラシュートに出るんだから

パターンは何でも大きければ良いんだけど・・・やっぱりフライはデカイ (^^)/
a0245573_14174959.jpg
オイラ マッチ・ザ・✕✕✕ の必要の有る時期、場所、時間が有るのはオイラなりに理解してると思っているし

マッチ・ザ・と同じくらい大事な物が有るんじゃなかと・・・だって!

マグロの切り身でマスが釣れるんだからネ (^_-)-☆

[PR]

# by koiboku | 2017-04-06 12:26 | 釣りの話 | Comments(0)
2017年 03月 11日

こんな日も有るさぁ~!・・・アイスフィッシング

いや!オイラは前にも有ったな・・・スノーシューを履いても膝まで埋まる新雪の中を

膝と股関節の痛みに耐えながら歩き 釣った時・・・

猛吹雪の中、手がかじかんで釣針にエサを付ける事が出来なかった事も・・・吹き溜まりで溺れてるヤツも居た

釣果がボーズ&1,2匹で終わった日も・・・何度も辛い目に遭ってるのに 学習能力が欠如してる ( 一一)

この時期 さっぱり能動的になれないオイラに 「山上湖にアイスフィッシングに行きませんか」 と誘いの電話

誘いの声を掛けて貰えるうちが・・・だと思い 重い腰を上げる!

AM 8:00 駐車場に到着 さっさと準備をしスキーシューを履いて片道 約3km先の氷上をめざす

天気は晴れ!空が青い 先行者の残したトレールを進み 約1時間少々で現着

釣りの準備を始めると・・・なんだ天候が・・・
a0245573_20034292.jpg
雲がどんどん増え 青空が小さくなってくる 「ウソ~ 天気予報じゃ晴れるって言ってたのに」
a0245573_20073305.jpg
7、80センチの厚さの氷に穴を開け 糸を垂らしアタリを待つ! がっ 反応が無い ('_')

通例なら仕掛け投入と同時にアタリが出るのに・・・(この時はまだ余裕有)

そのうちに天候は吹雪と晴れ間を繰り返す!!
a0245573_20120870.jpg
風が吹くと一気に寒くなる と思えば青空 (写真 ↑ 青空に白く点々と見えるのは雪)

そして 魚は釣れない!天気は安定しない (ーー;) PM 2:00 過ぎ撤収

釣果はオイラ アタリ2回で1匹 a-bar氏 アタリなし当然ボーズ
a0245573_20330452.jpg
雪模様の中をソリを引っ張る a-bar氏 酷い一日だった! 「2週間後 また来る!」 って言ってる!!

学習能力の無い 逝かれた釣り師の世界・・・m(__)m

[PR]

# by koiboku | 2017-03-11 19:49 | 釣りの話 | Comments(2)
2017年 03月 04日

indoor fishing (能書) その2

その1の続きから少し・・・

昔、雑誌か先達からの話だったか?大雨で増水のする前のイワナは川底の石を食べ体を重くして流され難くする

なんて話を読んだか?聞いた?記憶が有る

6月に釣れたヤマメの胃の中から出てきた・・・
a0245573_16343644.jpg
ケースドカディス ポンプで吸い出したら まだ生きていた 他に喰うもの有るのに何で んなもの喰ってんだろう?

中身は消化され胃に残った砂を見た 昔の釣り師が言ったのか?都市伝説ならぬ??伝説だ!??

魚の生息し難い環境を好む水棲昆虫 オイラがフライのパターンとして見なくなったニンフ
a0245573_16453365.jpg
ヒメフタオカゲロウだと思う?これの仲間はくるぶし程度の水深しかないチャラ瀬や流れの脇の水溜まりでよく見る

魚の胃からは殆ど見た事がない!あとチラカゲロウ(写真消失)もない

チラカゲロウはハッチ(羽化)流下羽化ではなく上陸羽化の為 魚に捕食される率が低いのだと思う。

ただ上記の2種ともアダルト(成虫)が産卵後 水面に落下した物は捕食されてると思うが

フライパターンとしてはオイラは要らないな!('_')

ここから その2 偏食

6月 オイラが当時 行ってた川ではアカマダラカゲロウとクロマダラカゲロウのハッチが被るが

#16か#14のブラウンパラシュートで事が済む事が多い、ただプールや流れの緩い所で

ライズしてるのはフローティングニンフか半沈タイプのパラシュートで足りる事が多かった

6月中旬過ぎにヒラタカゲロウのハッチに当たった時は・・・
a0245573_17122837.jpg
黄色いのは♂ #16サイズ 緑っぽく見えるのは♀ #14サイズ

胃の中の90%以上がヒラタカゲロウのイマージャー 水面下で捕食されてる
a0245573_17234176.jpg
グレーのひも状の物が翅 空気に触れると広がって透明になるけど 胃の中から出てくるのは

ほぼ100%ひも状 水面下で捕食されてる証拠!ライズ 水しぶきが上がっていても

水面をアダルトが流下してても反応はしない!流れるアダルトの直ぐ横で水しぶきが上がる

最初は分からなかった!フライパターンが合わないと思った!後にパターンよりステージだと水面直下の釣りだと
a0245573_17344676.jpg
友人が使ってたヒラタ♀#14 本物と並べても良い線いってると思うが無視され続ける

まったく反応しない ドライじゃダメな釣り この釣りはオイラも面白いと思う好きな釣り

秋の第2世代のヒラタはもっと面白い!!
a0245573_17434128.jpg
オイラの使うヒラタのイマージャーパターン単純だけどよく釣れる CDCのウィングを

フラットに2枚V字に付ける バリントパターンとしても優秀!('_')

7月 小雨の山岳渓流 雨で増水、薄く紅茶色に濁ってる中で・・・
a0245573_18394183.jpg
#6 を咥えた良型のヤマメ オイラの大好きな釣りのスタイル 余計な考えはしない

ただ でかいフライで叩き上がる!
a0245573_18423435.jpg
そしてニジマスも#6でドライフライが最高に楽しい時、何時ものように胃の中のサンプリングをすると・・・

なにコレ・・・なんで???わからん??
a0245573_18455075.jpg
釣れたヤマメもニジマスも胃の中は全部コイツ ↑ カクスイ?コカクツツ?なのか??

コイツらは普段、流れの脇の少し淀んだような所に多く見掛けるが この日は川が増水中の為
a0245573_18535650.jpg
大量に流されてるのか、でも実際に釣ったフライは#6のカディス・・・

マッチ・ザ・ハッチ、マッチ・ザ・ステージ、マッチ、ザ・ベイト ってなぁ~に??

ますます分からなくなった!( 一一)   その3へ

[PR]

# by koiboku | 2017-03-04 16:39 | 釣りの話 | Comments(3)