Out of Bounds / 境界線の向へ!

koiboku.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 15日

エゾシカ猟 ・・・ 三度目の正直

今、猟期 三度目の出猟 前 二回はシカとの出会いは多かったが中々撃てる条件が整わず撤収した

今回はシカ猟をメインに出猟!!

山は少し盛りを過ぎた紅葉、シカのラッパ(コール)猟を期待したが・・・・
a0245573_09083930.jpg
山野に♂シカのコールは一度も聞こえない、泥を捏ねた跡も二か所みただけで 少し発情期には間が有るみたい

朝一 進入した林道で50メートル先を一気に走り抜ける♀シカ・・・今日も警戒心MAXのシカ (+_+)

尾根筋の林道を走り シカ&グラウスを探すがシカとの出会いは無し! グラウスは三羽 出会うが撃てず!!

分水嶺を超えて隣町の山域へ進む! 薄暗い松林の所を進むと運転席のY君から 「居た!シカだ!♂だ!」 と声が掛かる

ユックリ静かに車から降り林の縁で射座を確保しながらシカを探すが見えない!!

直ぐに林の中を黒い影が走る! 足止めの為に笛を三度吹くと 止まった!! 約70メートル先の灌木の中

頭と尻は見えない! バイタル(胸部)がかろうじて見える 銃を構えスコープのクロスを合わせる

じゃまな枝がシカと重なる 「ドン!」 シカは林内の斜面を走り上がる 「中ってるハズ」 と思いながら見てると

急に方向を下り側に変えた!命中を確信してシカの跡を追うと林の奥 笹薮との境で倒れていた

手早く解体し後処理をして次を探す! (^^♪
a0245573_11152388.jpg
射獲したシカの足、帰宅後 Y君がブロックに解体 そしてもう一枚 ☟
a0245573_12064812.jpg
ロースをたたき で食べたようだ ('_') 猟中にシカの探し方のコツを少し話した!

彼は見事に理解&発見した、シルエット真横を向いてるシカは見つけ易いけど林内で正面を向いてるシカは

今の季節は見つけ難い、走られてから気が付く事が多い! 風景の中の違和感、色、コントラストの違いに

気付くのが発見につながる、今日は二頭のシカを射獲 明るいうちに家に帰る!!

ラッパ(コール)猟は次週の楽しみに持ち越し (^^)/

[PR]

# by koiboku | 2017-10-15 09:09 | ハンティング&射撃 | Comments(0)
2017年 10月 05日

山地徘徊 ・・・ 狩猟編

現地着 AM9:00 林道脇の土場跡に車を入れると!!!!!!!!!

「お前は もう死んでる!」 車を見ても逃げない ! こんな所に居るなよなぁ!
a0245573_20090096.jpg
今日は午前中はキノコ採りの予定で 銃はケースに入れて車の後部に有るのに・・・・

今は見逃してやるから夕方に もう一度ここに来るように!! 「ピッ!」 と警戒音を出して逃げて行った!

午前中はキノコを探して林道徘徊 早速見つけたのは ☟
a0245573_20170401.jpg
a0245573_20171841.jpg
ナメコ いいスタートを切るが後が続かないエノキは もう少し寒気が入らなと出ないだろうし

ムキタケもまだ早いみたいで見当たらない!

走り回って見つけたのは あんまり嬉しくない これ ☟
a0245573_20235830.jpg
a0245573_20241569.jpg
コガネタケの大群生地 食用でテンプラが美味しいなんて話は聞くんだけど・・・

オイラ どうも喰う気になれないんだよね このキノコは 気持ち悪いくらいデカいんだよ!コレ

キノコの収穫はナメコとエノキが少しで終了!!

午後からは鉄砲撃ち 雑木林の中でヘイゼルグラウスのコールを吹く!
a0245573_20320223.jpg
なんとか二羽を射獲(定数)これはオイラが食う事にする 羽根はマテリアルとして使う

ウィングフェザーとバックフェザーはソフトハックル&ニンフのレッグに使って

テールはマツーカスカルピンの予定! 今回はスキン付きではなく抜いて保管します

夕方、朝見たシカは戻っては来ませんでした! ('_')

二頭ほど笛で止めて撃とうとしたのですが 射座を確保する前に逃げられました・・・(+_+)

次回こそ・・・・

[PR]

# by koiboku | 2017-10-05 20:09 | ハンティング&射撃 | Comments(2)
2017年 10月 02日

2017年 初猟!!

猟の初日、相棒は5年振りにコンビ復活のNK君 二人で同じ時期に猟を始め初心者同士で猟に行った

彼は猟を始めた年、上下二連のスキート銃 + アポロ製のタングステンスラッグで10頭のエゾシカを仕留めた

ベテラン達や銃砲店の人達は、そんな彼の話を半分は信じ半分は?と思っていたと思う

でも本当の話なんだよ! オイラも一緒に居たからね!!

今年の初猟はカモ猟からスタート、夜明けと同時に ため池に二人で踏み込む

飛び上がるカモに三連射をかける 1羽が落水、弾の装填中に飛び上がったコガモの群れが空を周回してくる

後飛びするマガモ&カルガモを警戒して目と耳を澄ましてると 空からコガモが池に落ちてくる!!

「なんだ!」 と思ってたら飛び上がったコガモの群れに二羽のハヤブサがアタックをしてる

コガモ達はハヤブサから逃げる為に羽根を閉じ水面にダイブ 目の前にハンターが居るのに!!

落としたカモは半矢で泳いでヨシの中へ・・・回収できず次の池に行く ('_')

二つ目の池に続く道は何年も車が入った形跡が無い中を走り到着、カモは不在

次は川沿いのカモ場へ! そこは重機が動いていて河川改修の最中 山裾の田んぼのため池は埋め立てられ無かった
a0245573_10403930.jpg
里のカモ猟は諦め 山に上がる、エゾライチョウ&エゾシカ猟に切り変え!

オイラは散弾仕様のまま NK君はバレルをサボットに交換し林道を周回する流し猟をする

実績の有る山ブドウやコクワの有る所で笛を吹くがコールバックは無い!なんか所も回るが姿も見せない

エゾライチョウ猟は不発に終わり・・・そしてエゾシカ猟は・・・・

遭遇数は合計14頭、ただ猟期の初日とは思えないくらい足が速い! オイラ達の車を見たとたんピンポンダッシュの

速さで逃げるヤツばかりで 一頭なんとか笛で吹き止めたが射線を確保する前に逃げられる (+_+)

山の中を走り回り日没15分前に距離約70mに二頭の♀を発見! NK君と話す

「「ヤメよう!」」 今から獲って解体したら真っ暗になるから今日は見逃してあげる事にした (^^)/

そして本日の収穫物は・・・コレ ☟
a0245573_14555589.jpg
a0245573_14581631.jpg
ハタケシメジ・・・・家に帰ってから少し調べた! なんか少し不安! もしかしたら違うヤツかも?

結局 自信の無い物は捨てた・・・・ m(__)m

今日のシカたちの動きは猟期初日のものとは思えなかった、中期頃の矢玉の中を生き残ったヤツ動きだったよ・・・(+_+)

[PR]

# by koiboku | 2017-10-02 09:31 | ハンティング&射撃 | Comments(4)
2017年 09月 17日

天候不順

最近は良い天気が続かない・・・こんな秋は余り経験が無いかも?

そんな中でも良い釣果を上げて ご丁寧にメール&添付写真を送ってくれる

ダメだった連絡なら笑ってやろうと思うのだが・・・少し悔しい!!

オイラはウエダーの修理とフライロッドの手入れと10月からの狩猟の準備をしてる
a0245573_19291475.jpg
10数年前に買った高額ウエーダー 1シーズン履いたらネオプレーンのソックスがちじんで硬くなった!

そのうち修理に出そうと思っていたら 間もなく廃盤、メーカーに問い合わせた時点で修理は出来ませんとの話

ソックス部分の不良だったんだな、早々と廃盤にすると思ったよ!

でっ、ネオプレンの防水ソックス買って修理をした まっ!上手く出来たと思う

次回やる時はマスキングをしてもう少し綺麗に仕上げよう (^^♪

次はロッドのグリップを洗う!
a0245573_19384676.jpg
30数年前のセージと、もっと前のフェンウィック、ハディーのソブリン コルクが真っ黒だったのが綺麗になった

どれも当時はファーストアクションと呼ばれる物だったんだけど 今は良くてミディアムファーストかな?

昔はキャスティングスタイルもアメリカンスタイルとかヨーロピアンスタイルとか言ってた時代

今は誰もそんな言い方はしない、ただシングルハンドの釣りと言う Wハンドはまだ

オーバーヘッドだスペイだスカジット、アンダーハンドだと言ってるけど あと10年もしたら

ただのWハンドの釣りと言われるようになるのかな???

 狩猟の準備の方は狩猟免状の準備は出来たし無許可の弾の申請をすれば準備はOKで

今年は久し振りに猟野で動画を撮ってみようかと準備をした
a0245573_19555705.jpg
今はGoProとかアクションカムとか色々あるんだけど どれも広角系のレンズなので獲物を大きく写す事が出来ないので

オイラは小型のデジカメを使うズーム&望遠で撮影が出来る。

最新型のコンパクトデジカメなら光学30~40倍ズームでFHDや4Kで撮影出来るしウエアブルカメラより安い!
a0245573_20043729.jpg
当たるシーンより外して逃げられるシーンが多く写せるかも・・・(+_+)

先達とサボット銃とライフル銃の話

「サボットで走ってるシカを撃つと弾速が遅いので狙い越しの感覚が難しい、ライフルなら弾速が早いから当て易くなりますよね」

先達の言葉 : 「弾速が早いと早く外れるだけだ!!」 (+_+)

[PR]

# by koiboku | 2017-09-17 19:48 | 道具の話 | Comments(4)
2017年 09月 06日

情報!!

10年以上、釣り雑誌や情報誌を買ったり読んだりしなくなった!

ある業界人曰く!
「釣り雑誌なんて釣人にとってはエロ本と同じなんだよ!他人の釣ってる姿、魚を見て綺麗とか俺も釣りたいとか」
釣ってる姿 ⇒ やってる姿、魚を ⇒ 女を、釣りたい ⇒ ヤリたい に変えても違和感の無い表現
3~4年 雑誌を買うと同じ事の繰り返しが殆どで・・・もっと楽しい事が、もっと気持ちの良い事が無いかと
探し始める、オイラは源流へと境界線の向へ!と軸足を移していった・・・
「最近の雑誌は小さなヤマメやイワナの記事ばかりだ!俺達はこうゆう雑誌をロリコン雑誌と呼ぶ!!」
この話を聞いた時、笑ってしまったのと同時に業界の閉塞感が見えた気がした・・・・・

釣友や仲間達から色々な地域の情報が入ってくる 信憑性の高い情報や怪しい情報

新しい物や古い情報を どう読んで!見て! プラス自分の経験を合わせて釣行の判断をする
a0245573_12415853.jpg
週明けT氏からホットな結果報告 何時もの入脱渓地点の下流から入渓し約4㎞の区間を釣る

50オーバーを2本、40クラスを8本 だと・・・凄いね!(@_@。

オイラはこの区間は入渓者が多いので敬遠する場所なんだけど、この日の川の水量と✕✕の判断で入渓した

この情報を伝えた釣友が中二日後に同区間に入渓したが脱渓地点の手前で40クラスが1匹 出ただけ・・・

結果論からなんだけど魚は大きく動いてる事が分かる、秋は天気だけじゃ無く魚の着き場も大きく変わる

情報をどう生かすか想像力、妄想力と経験が大事になる
a0245573_16365321.jpg
オイラならどの区間に入っただろう?? ('_')
a0245573_16384234.jpg
今は、まだ大型のカディスに反応してくれるが10月位からは小型のビートル テントウ虫とか

第二世代のカゲロウのハッチが始まる 風の無い日中のスリリングな釣りの時期
a0245573_16431898.jpg
同時にコイツ ⇑ 動きも活発になってくる (+_+)


随分と前に下流域を釣った事がある、両岸は垂直に立ち空は狭い日の入る時間も短い区間

同じ川の上流域を2、3年前に2度に分け入渓 小型のサカナが多かった まだ中流域の約3㎞が未釣行区間だった

そして今年、チョットした事で知り合ったフライ歴約3年の逝かれた釣師が同河川の上流部に入ってみたいと

でっ!オイラは一言、入るなら中流域が良いと今なら、この時期ならと勧めた!

後日、釣行の結果を聞いた時に思わず 「そんなデカイの何処に居た!!」 と聞きそうになってしまった (+_+)

活字になる前の情報を生かした逝かれた釣師の判断に!!!!

[PR]

# by koiboku | 2017-09-06 12:20 | 釣りの話 | Comments(2)