Out of Bounds / 境界線の向へ!

koiboku.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 26日

今年は水が冷たい!

初めてインナーテントがオールメッシュのテントで寝てみた!

寝てて少し肌寒く感じたけど内部の結露がマッタク無い!寝起きの息苦しさも無い!!

BUNDOKの中華製テント オイラが買った時は7,000円くらいだったかな?

ODショップ時代は有名ブランド 高額テントを幾つか使っていたけど フライシートやグランドシートの

ウレタンコートの剥離、経年劣化で防水力が落ち処分 そして中の川、奥シュンベツ攻略の為にコイツを購入!
a0245573_11332635.jpg
フライシートを外した状態 多少の雨風、夜露を凌げれば 今のオイラには十二分な性能です (^^♪

今季初の 奥の!奥の!!の釣行 7時起床 軽く朝食を取り入渓地点へ!
a0245573_11481898.jpg
東北のRain menが二人 来道していて天気予報では小雨から雨の予報 雨の中の釣りを覚悟してたけど ここは晴れ!

Rain men達は道北で猛威を振るっていたらしい (^^♪
a0245573_11563924.jpg
入渓してすぐのポイントでO氏が掛けた40センチ中くらいのニジマス 幸先が良い・・・んだけど

川の状態が例年より水が多い 少し危険なくらい そして水が冷たい!先週 行った川より冷たい!

O氏はチェストハイのウエダー、オイラはシャブ漕ぎ 釣果への期待と先行きの不安が混じる
a0245573_12133030.jpg
つり橋の跡 谷をワイヤーだけが横断してる 林業か北電の鉄塔メンテの為のつり橋

今は踏板も残っていない・・・
a0245573_12202350.jpg
ヘツリ中のO氏 この辺はまだ難易度は低い所 でも渡河には注意が必要 深さ、速さ、強さ川底の状態を

判断してルートを決める 河原の木を切ってスタッフ(杖)を作って慎重に渡る

転ぶと水、冷たいし ずっと流されて発電用の送水口にでも吸い込まれたら電気になってしまう・・・?
a0245573_12520738.jpg
O氏 オイラの前で掛けたんだけど遁走するニジマスを追いかけて下って行く

ランディングしたのは51センチ この日、最大のサカナ
a0245573_13025743.jpg
深く急な流れの対岸の崖下、左右にも上にも移動出来ない所にバンビが1匹 流されてそこに這い上がったのか

親鹿の姿は無い、昔見たディズニーの動物映画やシートン動物記だと親鹿が現れて助けたり

猟師のオジサンが川に飛び込んで助けるんだろけど・・・オイラ達には無理だ!!
a0245573_13094417.jpg
ここまで二人で50オーバー×1、40クラス×5匹、30センチ前後の小ニジ、小イワナ沢山

そして脱渓地点の300~400メールから難所が続いた 川幅一杯に広がる深い流れ 高巻くが

安全に降りられそうな所が無い!元の位置に戻り 水の中を行く 胸まで浸かった時 体が浮き気味に

水の流れでふら付きだす (+_+) 背中をO氏に支えられて安定し何とか岩場に乗り上がる

O氏は乗り上がる時にウエダーの中に水が浸入! 本当に6月末の水温とは思えないほど冷たかった!!
a0245573_15242400.jpg
テン場に戻り着替える テントや干していたシュラフを撤収して帰る!

次は何時?何処へ行くか?行きたい場所は沢山有る!新冠源流、奥シュンベツ、中の川、ソエマツ、シューパロ源流

コイボクシュシベチャリと・・・天気と逝かれた釣友達の都合次第で・・・・(^^)/

[PR]

# by koiboku | 2017-06-26 11:33 | 釣りの話 | Comments(0)
2017年 06月 21日

低活性 ・・・ 寒冷蕁麻疹 (+_+)

サカナ居るのに、見えるのに 釣れない ルアーに反応が無い&鈍い

水温が思ってたよりも低い!先週、化石の川では問題なかったので ここも良いだろうと思い来てみたのだが・・・

問題有りだった! 経験から 例外は有るけど7月からの川と思っていた通りだった
a0245573_11423758.jpg
この日 オイラの釣った唯一のニジマス 40センチ有る無し 良い顔をしてるヤツ 将来が楽しみ!
a0245573_11451400.jpg
居るのに 追わない!喰わない!俄かルアーマンのオイラには珍しくルアー交換を頻繁にした

スピナーからフローティング&シンキングミノー、ディープダイブそしてスプーンまで使ったのに

フックアップせずお触りだけ数回、同行のKM氏は小ニジをポツポツと40センチ後半を釣る

そして50UPを掛けるがジャンプ1発、空中でフックOFF 掛が浅い!!
a0245573_11555282.jpg
条件が厳しくなってくると俄かルアーマンのオイラと生粋のルアーマンの差が出てくる (+_+)
a0245573_11574780.jpg
a0245573_11582070.jpg
何故に良いポイントに倒木が被さってる (+_+) 縦に長い距離を引く事が出来ない

多少のフラストレーションを溜め本日の釣りは終了!!
a0245573_12050326.jpg
今日の目的の一つ!降り口に鉄杭を設置 これでより安全に降りる事が出来る

長く安全に渓流釣りを楽しむ為に・・・

家に帰って気が付いた。両太腿に赤い斑点が出来てる 最初はウルシにでも被れたかと思ったが

寒冷蕁麻疹だと、ウエダーを履かずスパッツでジャブ漕ぎ 水が冷たかった (+_+)

[PR]

# by koiboku | 2017-06-21 10:19 | 釣りの話 | Comments(2)
2017年 06月 14日

アグリアTW ・・・ 化石の川

メップス アグリアTW フランス製のスピナー

オイラがルアーを始めた45年以上前から有ったルアー TWはツィスターの略らしい

最近はミノーを使う釣りがトレンドで スピナーは敬遠するルアーマンが多いらしい?
a0245573_20515914.jpg
ミノーは小魚を模している エサとなる小魚を模しているのに対してスピナーは何を模しているのか?

昔、読んだ 「ルアー釣り入門」 だったかな? スピナーは虫を模してると書いて有ったけど・・・

今、思うと著者は想像力の豊かな人なんだろうと・・・想像力より妄想力が豊なんだろう思う

オイラにはスピナーはスピナーにしか見えない・・・想像力&妄想力の貧しい koiboku でした m(__)m
a0245573_21025038.jpg
アグリアTW4.5gコパーで50オーバーのアメマスを手にしたKM氏 美味しい所を今日も持っていかれてしまった!
a0245573_21054523.jpg
アグリアTWにカラーは ゴールド、シルバー、コパーと3色 有るけど釣果には差は無いと思います

柄は同じでベース/ブレードの色違い ブレードが高速で回転したら色の区別なんてつかないと・・・

色の区別のつく魚がいたら ソイツは針先の剥き出しのスピナーになんて喰いつかないと思うので (+_+)
a0245573_21203172.jpg
オイラのスピナーボックス 使うのは中から1,2種類 残りはボックスの飾りです
a0245573_21243987.jpg
アグリアTW4.5シルバー で釣れた (^^)/ 今回、2種類のシングルフックを使った

フック形状で針掛かりの率が 全然違う! 掛針と喰わせ針の違いなのか・・・前半はアタリはあってもフックUPしない

フックUPしてもすぐバレル 4,5匹連続でバラシ そして針を変えると とたんにランディング率が上がった!!
a0245573_22022440.jpg
雨竜方面の川では二枚貝と巻貝の化石を拾った事が有るが この川で 初めて二枚貝の化石を拾った

今日、この川で出合った人達 化石取り、砂金取り、山菜採り(蕗)、釣人(餌釣師、ルアーマン、フライマン)

一本の川で さして長くない流域で多くの趣味人が徘徊していた (^^♪

[PR]

# by koiboku | 2017-06-14 19:27 | 釣りの話 | Comments(0)
2017年 06月 09日

フィッシング・・・ルースニング

今季、最初の釣りへ! 狙いはアメマス

オイラがアメマスをメインで狙いに行くのは何年振りだろう?? しかもニンフ、ルースニングで・・・

10年前後 前にIさんと秋に猿留川に行っていらいかも・・・
a0245573_19273315.jpg
フライはビック&ヘビーのジュラシックニンフ TMC200R #4
a0245573_19310864.jpg
先輩のフライマンから 「この世のニンフじゃ無いな ジュラ紀のニンフだな」 と 言われ

若いフライマンは 「こんなのフライじゃ無い!フライフィッシングじゃ無い!」 と 言う

Iさん だけは 「それ良いな!」 と 言い 同じようなフライを巻いてボックス入れていた

そして 二人で源流に行った時 そのニンフで60クラスのニジマスを掛けた (バレたけど (+_+))
a0245573_19473339.jpg
まずは1匹目 44センチ 滑り出し好調 (^^♪
a0245573_19495198.jpg
これも40センチ オーバー #4フックが小さく見える (^^)/
a0245573_19514243.jpg
小アメ #4フックが大きく見える ('_')
a0245573_19530040.jpg
オマケの40センチ オーバーのニジマス (^_-)-☆
a0245573_19580852.jpg
サービスのウグイ・・・
a0245573_19585607.jpg
コイツは泣き50 この口の大きさ #4フックを丸呑み フライ、ニンフだと思うから大きく見える!

アトラクターと思えば、5センチのミノーと変わらない大きさなんだよ・・・

オイラ ドライフライだけじゃなくニンフも大きいんです (^^♪

自分の中の概念を超えて 境界線の向うの釣り・・・ m(__)m

帰り路 O氏から電話 来週の予定が決まった!!!

[PR]

# by koiboku | 2017-06-09 19:28 | 釣りの話 | Comments(2)
2017年 06月 05日

賀老高原・・・タケノコ採り

メイン道路は全域舗装されてる、路肩に車を止めて笹薮に突入する オバサン達

迷彩の合羽はヤメタ方がいいのではと・・・何か有った時は見つけて貰い難くなると思うんだけど・・・

自分は大丈夫だと思ってるんだろうね!迷うだけじゃなく体調不良で動けなくなる事も・・・

毎年、月越原野に1,2回 タケノコを採りに行くんだけど今年は賀老高原に行ってきました

現地に着くと山はすでに凄いことに・・・鳴り物が響き渡ってるブザー音、サイレン、大音量のラジオ

迷うのを防ぐ為に各自 鳴らしているんだけど 多過ぎて逆に方向を間違そう・・・

山の清々しさなんて マッタク無い!! 身支度を済まし腰に熊スプレーとナタを装備すると

「お前!この状況でクマなんか出ると思うか?」

Sの言葉を聞いて 腰のナタとスプレーを車に戻す! たしかにススキノ4丁目交差点並みの騒音だ!
a0245573_20465860.jpg
8時過ぎ藪に突入 12時過ぎまでに3度 藪の中に出入りをする

Sは35Lのザックに1つと+ オイラはザックに1/2+ 初参加のKM氏は小さめのザックに1つと+
a0245573_20535462.jpg
月越と比べて笹の密度は低く動き易く感じる 此処の方が体力的には楽だ!('_')

来シーズンからは此処をメインにしようと思う・・・
a0245573_20580205.jpg
林道は殆ど地図には出ていない 赤い線はGPSで作成した作業道 この道を中心に両脇の笹薮に入る

番号はGPSの地図やコンパスに表示させる定点 迷わない為の楽しく遊ぶ為の道具です (^_-)-☆

[PR]

# by koiboku | 2017-06-05 19:59 | 野遊びの話 | Comments(2)