Out of Bounds / 境界線の向へ!

koiboku.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 21日

境界線の手前へ!・・・エゾシカ猟

夜明け前、両サイドが牧場の農道を走る 一番乗りを目指したが前走車が走る

追い抜くのは仁義に反するし間を開けて入林するかと考えた時、牧柵と前走車の間をシカが走る

左に牧柵、右に車 偶に見る光景だなっと思ってるとシカが左にブレた!! 瞬間、牧柵にヒット!!

シカは頭から転がり四本の足を空に向けビクつかせる「おかしい、車を止めろ!!」見に行くと

頭を地面と背中で反うように挟んでる、首の骨が折れてる!(*_*;

「コイボク、ラッキーだ夜明け前、一発も撃たずにシカ獲れた!!」

「これは獲れたんじゃなくて拾ったが正しいんじゃないの?」 なんかハンターの教示に反する気がする
a0245573_11261503.jpg
猟を楽しみにシカを撃ちに来たのにシカ拾いに来た訳じゃないので このまま行く!(写真は帰りに撮影)

オイラ :「流石は疫病神、アンタと猟に出るとロクな事がなかった、オイラだけじゃなくシカにまで負のオーラを出すなんて」

疫病神 :「アンタ酷い事を言うね!!」

オイラ :「堤防から車ごと落ちたり、草地で側溝に嵌ったり、車のデフが壊れたり自走が出来ないトラブルが何度も有った その全部にアンタが居た!」

疫病神の自覚の無い相棒の運転で猟野の入り口に到着、猟の準備をしてると群馬ナンバーのランクルが

オイラ達を越した先で準備を始める1台の車に4人のハンターか・・・凄い武力だな!

猟野を進む!シカの気配は有るが出会いは無い 昼近くまで3本の林道を流し♀の白いケツを一度 見ただけ
a0245573_11564844.jpg
この猟野に見切りを付け移動、隣の山域に行く、夕方に掛けて 一流しに勝負を掛ける

長い林道、前半は急峻な場所が多く猟には不向き 奥は平らな場所が多い!

最奥手前、開けた林の中に「居た、止まれ!!」♀が5頭 車から降り射座を確保、視野の中のシカの位置を

確認しながらスコープを合わせる 正面を向いてる「ドン!」一斉に走り出す。

撃ったシカも走る、中ってる ハズ と次のシカにスコープを合わせ「ドン!!」外したかな?

三頭目にスコープを合わせ「ドン!!!」最初に撃ったシカが倒れるのを視野の中で確認

走っていたシカの動きが遅くなる笹の緩斜面をユックリ登り始める 目で追ってると木原の陰で止まる

バイタルが見える、腰を下ろし膝を付き立木に委託 スコープを合わせる「ドン!!!!」

二頭を回収、時間はPM4:25 解体して家に帰るのは11時過ぎは確定だな・・・(+o+)

今季、出猟3回とも暗闇の中キャップライト使っての作業

疫病神 :「朝のシカを回収してれば昼には温泉に入って明るいうちに帰れたのに教示に囚われて!」

たしかにそうだ、宗教ですら教義や解釈を変えるのに・・・でもアレを回収したら これから先

疫病神は事有るたびにオイラにチクチク言うのに違いない!!!

翌日、精肉&バラし作業はスペシャリストを呼んだオイラが足1本バラしてる最中に2頭分の作業を終了
a0245573_17343585.jpg
ロースとヒレを上納、プロの仕事に感謝!!m(__)m

[PR]

# by koiboku | 2018-10-21 11:09 | ハンティング&射撃 | Comments(2)
2018年 10月 14日

また、外した (+o+)・・・エゾシカ猟

ゆっくり 林道を進む、前回 9頭のシカと出会ったコース 林の中の違和感を探す!!

「居た!」 足が速い! 狙いを付ける間がない、そんな事を2、3度 続けて林道の終点に到着

出会いは有るのに撃つ体制に持ち込めない、少し休息を兼ねてキノコ探しをするが見当たらない!
a0245573_18271943.jpg
                      老成したコガネタケ ↑

来た道を戻りながらシカを探す!「女(♀)子供(バンビ)は いねかぁ~!」声を出して探す

植林地の暗い林を抜け伸びた下草の生えた疎林地に「居た!」2頭、細面のミッキーマウスが

縦ジカ(真正面を向いてるシカの事)銃を細い木に委託してスコープを覗く

胸は中ると胃や腸が酷い事になりそうだし、ネックは細いしヘッドにクロスを合わせる

委託した木が振れる、足場も落ち着かない距離は100m+「ドン!」シカは一気に走り奥へ消えて行った

ライフル サワーM200 銃には問題は無い!!

外した! 「狂ってるのお前だべ!」声が聞こえた気がした・・・・・・

車に戻ると「お前 外したのか!」の雰囲気が漂う 「ごめん!外した、オイラのミスだ!!」

その後、別の林道に進入する 数度シカとの出会いは有るが撃てる状態にはならい

そして、倒木で通行止めになってる所で大型の♂が横切る 今はシカ達の発情期の寸前

大型の♂が居るというのは♀も多く近くに居るはず、夕方に掛けて もう一度このコースを攻めてみる

尾根筋の日当たりの良い所で、少し遅い昼飯 リアクターでお湯を沸かしカップ麺とおにぎり

2時間ほど駄法螺を語って時間を過ごし3時過ぎから猟を再開、林道をユックリと流しシカを探す!

「居た♪」10時の方向 笹薮の斜面を上っていく 降車する間も無く見失う!なんか今日は上手くハマらない

倒木の通行止め地点に到着、折り返して里へ向かう これで今日は最後の流し猟

カーブを幾つか曲がった時、9時の方向に違和感 背の高い草越しに白い物が二つ「止まれ!!」

注意して見ると見返り美人、白いケツが二つ 首で振り返ってコッチを見てる

焦らず静かに降車すると同時に「ケツは撃ちたくない胃や腸が破れて大惨事になるだろし頭は朝の件が・・・」

銃を委託しながらクビに決める、クロスをクビに合わせ「ドン!」その場に沈む一瞬 足をバタつかす

横に居るもう一頭が逃げず それを見てる 次弾を装填、クロスを合わせる寸前 頭の中に

「今から2頭の解体は8時を過ぎる」と思うと同時に猛ダッシュで逃げる!すこし「ホッ!」とする
a0245573_18301809.jpg
倒したシカを回収し全ての処理を済ますと6時半を過ぎ辺りは真っ暗、星が出てる

帰りの林道、一度 迷った・・・(*_*;

[PR]

# by koiboku | 2018-10-14 13:16 | ハンティング&射撃 | Comments(3)
2018年 10月 10日

「狂ってるのは お前だべ!?」・・・エゾシカ猟

朝一、規制区域内で最初の1頭と出会う! 極めて至近距離で!

「コイツ!撃てない場所を分かってるんだろうか?」 実にノンビリしている

今日の初猟は久し振りにM870+サボット銃身でヤル! (ライフルは予備で持ってきてる)
a0245573_22074736.jpg
可猟区の1本目の林道に進入する、間もなくドライバーのO氏が車を止めて耳を澄ます

姿は見えないが背の高い笹の中を走る音が聞こえる、車から降り音のする方角を注視するが姿が見えない

そのうち警戒をしたのか動きが無くなった・・・・見切りを付け、次に進む!!

シカの気配は多い、足跡はもちろん 路肩の泥を捏ねった跡も多く有る。次の出会いを期待して進むと

運転席から「居た!!林の中♀ 10時の方向!」ゆっくり急いで静かに車から降りる

射座と射線を確保した時「アレ!銃の薬室を開放してなかった!」

スライドを手前に静かに引く 上から補弾をする そして薬室の閉鎖「ガシャッ」の音がすると一気に逃走 (+_+)

M870でシカ猟をする時はワンアクションで撃てるように薬室を開放してるのに・・・忘れていた!

二度の機械音「ガシャッ!ガシャッ!」オイラのミスでチャンスを逃してしまう・・・

気を取り直し先へ進むと 疎林の中に「居た!3時に♂」

笛を吹いて足止めをする 射座、射線を確保し薬室に補弾 スライドを押し薬室を閉鎖する

スコープのクロスをバイタルに合わせる 「ドン!」 腰から崩れるように倒れた

「良し!」と見てると上半身が起き上がり前足を使い這い出した 「アレ??」バイタルを狙ったのに

腰付近に中ってる、走って近づき止めを撃つ!取敢えず1頭確保に成功!!

ただ・・・何故に着弾がこんなにズレたのかモヤモヤした気分が残った。昼過ぎに大きく猟野を移動する
a0245573_22083172.jpg
               日陰に咲くランの野生種 サイハイラン

日没までにもう1頭を狙って農地と山の境を通る林道へ!入って直ぐ 10時の方向に♀

頂きの距離 正面を向いてるクロスを頭に合わせ「ドン!」瞬間 左に10メートル程走ってコッチを見てる

「えっ!うそ!!外れた?外した??」次弾を装填し今度はバイタルを狙う

「ドン!!」シカは一気に林の奥に消えていった・・・先達の言葉が脳裏に聞こえた気がした

朝一の♂ジカ、着弾が大きく左にズレていた スコープのサイテングは春に済ませている

引き金を引く時に左に振れたんだと思い込もうと・・・疑念に蓋をして続けた。

モヤモヤした気持ちのまま再スタート、問題はスコープなのかオイラなのか?

「チョット車を止めて!銃をライフルに変えるから」これで次を外したら完全にオイラのせいだなっと思う。

日没、少し前「8時の方向に♀」降車し立木に体を委託 銃を構える シカが動き出す

笛を足止めの為に二度吹く!!バイタルにクロスを合わせる、イヤな感覚が過ぎる

「ドン!」シカはその場で倒れた!!シカを確認する「うん!前足の平骨を撃抜いている

「ホッ!」と安心する、オイラは狂って無い様だ!(^^)

先達の言葉 : ベテランと呼ばれる様な猟歴になると中って当然と思う距離を外すと9割方のハンターは
      「スコープが狂ってる!」と言うようになる でも殆どは「狂ってるのはお前だべ!!」

一度、合わせたスコープは取り外したり弾を変えない限り そうは狂わないとも言われた

猟から帰って来てから思い出した!!春にスコープの調整をした時、残弾の処分も兼ねて
a0245573_12024208.jpg
旧タイプのブルーチップの弾を使った!今回、使った弾は現行のグレーチップだった

朝一の♂ジカ、バイタルを狙って腰に着弾 高さは殆ど狂って無い 左に大きく狂いが出てる

先達の言葉 : 初心者とベテランの違い「言い訳の引き出しの多さ!!」だと m(__)m

どうやらオイラもベテランと呼ばれる域に入ったようだ!!!!!!

[PR]

# by koiboku | 2018-10-10 14:55 | ハンティング&射撃 | Comments(0)
2018年 07月 22日

釣った魚?釣れた魚??

猟を始めたころ 先達に言われた言葉・・・

そのシカは獲ったのか?獲れたのか?どっちだ??

ただ漠然と猟野を走り偶然出会った獲物を獲ったのか その日の気象条件や他の事を考慮して

猟野を移動して出会い 獲ったのかと言う話・・・

今日のシェフは仙台のバンブーロッドビルダー作の7.3フィート#5 ロッドのフィールドテストを兼ねての釣行

ロッドを折ってもいいから酷使して状態を見てほしいとの話で 普段はやらない強引な魚とのヤリトリをする
a0245573_09094249.jpg
流心から強引に寄せランディングに入るシェフ上がってきたのは
a0245573_09535190.jpg
40センチオーバーのアメマス そして次に掛かったのは・・・
a0245573_11212995.jpg
フライが核心部を通り過ぎ目線を上流へ 歩き始めた時 フライの下流から回り込むように影が動く!!

「出たよ!!」 オイラの声に反射的にシュフの握るロッドが大きく動いた
a0245573_11284636.jpg
「ロッドを立てろ!絞れ!折れてもいいんだろう!!」 シェフが流心から強引に寄せてくる
a0245573_11320061.jpg
ロッドの柔らかい部分は曲がり切り硬い張りの有る部分が出てくる

実は去年 同じビルダーのロッドを少し振らせてもらった時 ここのフィールドには少し合わないかなっと感じた

ある程度の距離をコンスタントにキャストし長いリーダーに空気抵抗の大きい毛鉤を使い

50オーバーの魚を狙う パワーと張りが足りないと感じた(個人的見解です)

今年のモデルも少し振らせて貰うと・・・キャスティングもバットパワーも張りも良い感じ(個人的な好み!)
a0245573_12161677.jpg
釣れた魚を無事にランディング この魚とのヤリトリの最中 同クラスの魚が付き纏う

リリース後「もう1本いたからkoibokuやってみたら!」

「もう出ないよ!散々かき回した後なんだら!」しつこい勧めにダメ元でフライを流すと

数投め同サイズが出た! 「ほら出たじゃない」とシェフの言葉 ランディングし毛鉤を外そうとしたら

反対側に針キズが有る!?!? さっきの魚じゃない!リリースして10分後にまた出るなんて (+_+)

シェフの魚「釣れた魚」 オイラの魚「釣った魚」 人の釣った直後の魚を又 釣った・・・なんか面白くない!!
a0245573_12454877.jpg
a0245573_13084172.jpg
2時過ぎに脱渓 本日の釣果

シェフ 50クラス ✕ 1、40クラス ✕ 3だっかな? その他

オイラ 50クラス ✕ 1(本当は2匹なんだけど ↑ 同じ魚は除外、40クラス ✕ 3だったかな?、その他

[PR]

# by koiboku | 2018-07-22 00:10 | 釣りの話 | Comments(2)
2018年 06月 11日

遥かな道を行く! 桃源郷探索

日曜の夜、Y君から電話が入る 「明日、探索に行きませんか?」

二つ返事でOK! 朝5時に札幌を出発 目指すは「遥かなる山」に続く道
a0245573_20302517.jpg
8時 少し前に現着 此処からは電チャリで進む! 色々な理由で一般車両の通行が出来なくなった道路

エンジン物の規制は厳しくゲート脇、下はバイクを潜すのも厳しい所・・・

路面状況は凸凹も少なく極めて快適
a0245573_20472623.jpg
9時前に第二ゲートに到着 なんとゲートが開放されてる・・・どうせなら第一も開けてくれれば良いのに (+o+)

ここで小休止、コンビニのオニギリとお茶で朝飯を取る

そして探索へ! 第一ルートはゲートによる通行不可、第二ルートは雪解け雨水で路盤流失&大落石

第三ルートは土木作業と倒木除去 電動ハンマーと大ハンマーで何とか出来るかな???

そして幻の第四ルートが・・・・・・・・・・・・・
a0245573_21131677.jpg
探索が終了 帰りに十数年ぶりに目梨別橋に寄り道 減水区間 夏場には巨大な鯉が泳ぎ回るが

今日は濁ってて何も見えない!

今日の走行距離 往復35km オイラの電チャリはハリヤ + 17.6Aでバッテリー残量8%

Y君は新型 シマノのパワーユニット搭載の電チャリでバッテリー残量59%

ハリヤ + 17.6A 24V シマノ 13A 36V

シマノのパワーユニットは林道の勾配状況にもよるけど80km~100kmの走行が可能になる

林道で遊ぶなら現状最強高額のユニットになるかも (^^♪

[PR]

# by koiboku | 2018-06-11 20:48 | 野遊びの話 | Comments(3)